不祝儀袋の表書きのメイン画像

香典の表書きは悲しみの気持ちを表す意味で薄墨で書き、自分の氏名は下部中央かやや左寄りに書くのが一つの約束事です。

(御霊前)
葬儀の際、御霊前に供える金包みに使用する。

(御仏前)
四十九日以後の法要に供える金包みに使用する。

(献花料)
キリスト教式の葬儀の際に使用する。

(玉串料)
神式の葬儀の際に使用する。

(御布施)
葬儀や法要などの僧侶へのお礼の金包みに使用する。

(御膳料)
僧侶が酒食を辞した際に渡す金包みに使用する。

(御車代)
僧侶への車代として渡す金包みに使用する。

(御香典)
香の対価として供える金品に使用する。

(御花代)
香や花の代わりに供える金包みに使用する。

(御供)
仏前に供える菓子などの品物に使用する。

例えば知人の逝去を四十九日以後に知り、ご自宅へお参りに伺う際には「御仏前」の御祝儀袋を使うことになります。



お知らせ・コラム 一覧

雅セレモニーホール 0120-533-990 24時間365日受付 / 通話料無料
Copyright © 2015 Miyabi ceremony Co., Ltd. All rights reserved.